歯列矯正と手術

歯列矯正と手術

歯列矯正に臨む多くの人は、ブラケットやマウスピースなどの矯正器具を装着するという治療が当たり前だと思っていることでしょう。
しかし、実際のところ歯並びの悪さが歯だけではなく顎の骨にまで影響を与えている場合、外科的手術が必要となるケースもあるのです。
今回は、手術が必要な歯列矯正の例について見ていきましょう。

 

 

わかりやすい形でいうと、顎が前に突き出ている受け口と呼ばれる症状が有名です。
軽度の場合には前歯を抜歯してクラウンを被せる、
歯列矯正の器具を装着するといった治療で済むこともあります。
 

 

受け口とは反対に、上顎が極端に前に突き出している上顎前突症というケースも手術が必要な場合が見られます。
手術前には、上顎の歯をいくつか抜歯してから矯正治療をすることがあります。
その後、外科的手術によって下顎を前に引き出し、顎の形を整えるのです。
奥歯を噛み合わせたとき、前歯同士がくっつかない状態を開咬症といいます。
こちらも、場合によっては外科的手術による矯正が必要です。
咬合の具合によって必要な手術は変わってきます。
上顎を上方に移動させる手術を施したで下顎を器具によって矯正するなど、
複数の手術を組み合わせるケースもあります。
手術による歯列矯正に対して恐怖心を抱いている人もいることでしょう。
しかし、手術は多くの場合麻酔を併用しながら行いますから、痛みはありません。
顎の変型を放置しておくと、食物を上手く噛むことが出来ない、滑舌が悪いといった問題が生じます。
こうした問題を解消するためにも、手術による歯列矯正を怖がることなく歯科医の話を聞いてみてください。