インプラント矯正で期間短縮

インプラント矯正で期間短縮

歯列矯正は時間がかかる治療として知られています。
歯列の状態にもよりますが、平均すると約2年は矯正器具とともに過ごさなくてはいけません。
社会人として生活しながら2年も歯科医院に通い続けるのは大変ですよね。
そんな皆さんにぜひお試しいただきたいのがインプラント矯正です。
 

 

 

インプラントとは人口の歯を顎に埋め込むというタイプの義歯のことです。
ブリッジ治療に比べて本物の歯と遜色ない噛み心地を実現出来るため、最近注目を集めています。
インプラント矯正は、この人工の歯を歯列矯正に利用したものです。
今までの歯列矯正は永久歯を支点に矯正したい歯を引っ張るというものでした。
この場合、支点となった永久歯への影響を考慮しながらの治療となるため、
矯正器具を微妙に調節することが必須であり、これが歯列矯正の期間を引き延ばす要因だったのです。

 

インプラント矯正では、永久歯への影響がほとんど出ないため、効率的に歯列を整えることが出来ます。
インプラントを支点にすることで、矯正装置を簡略化することが可能になるというのもインプラント矯正のメリットといえます。
矯正器具が複雑であるほど口内に異物が増え、
ものを噛んだときの違和感や虫歯といったお口トラブルを招く恐れがあります。
特に虫歯に関しては、矯正器具の装着によって歯磨きが上手くいかなくなることが多いため、
患者の負担を増やす悩みのタネだったのです。
インプラント矯正はこうした問題を予防することにも繋がります。
歯列矯正用のインプラントはごく簡単なものですから、手術にかかる時間も短くて済みます。
歯列矯正に関わる時間を短くしたいという人は、ぜひインプラント矯正について歯科医に相談してみてください。