大人の矯正歯科について

大人の矯正歯科について

矯正歯科とは、子供のうちに親がさせるべきなのか、
それとも大人になって自分で判断して治療をうけるべきなのか?
八王子にある矯正に力を入れている歯医者では、大人も子供も新患を受け付けていますが、
どちらがいいのかというと、それぞれにメリットとデメリットがあり、
判断するのは難しいと言えるでしょう。

 

まずメリットは、大人の方が治療に対する理解度が高く、
治療の装置など自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事が可能です。
また治療に対しても協力的で、
矯正歯科を行う事でアンチエイジングの効果も得る事ができます。

 

しかしデメリットは、成長発育を利用した矯正治療が行えないという点です。
例えば子供であれば、歯周組織や骨組織の新陳代謝が活発なので、
歯を装置で矯正すると歯が移動しやすいのです。

 

また子供であれば、歯の移動範囲が広いため
矯正治療で抜歯をする事は、ほとんどのケースでありません。

 

ですが大人の場合は、噛み合わせなどを考慮し、
抜歯をしなければ、矯正治療が出来ないケースもあります。

 

大人の方が子供よりも、治療内容が制限されてしまいます。
それは口内環境が、健康的ではないケースがあるからです。

 

虫歯や歯周病で歯を失ってしまったり、
歯は残っていても金属クラウンやブリッジが多数使用しているとしましょう。
そうすると、その上からさらに矯正装置をつけるのは、
非常に歯に負担がかかってしまいます。

 

メリットとデメリットを比較したところ、
歯と口内環境の状況から言えば、
柔軟な子供のうちに矯正しておく方がいいと言えるでしょう。

 

ただ子供は歯医者が嫌いですし、歯の矯正も嫌がる子供が多いでしょう。
ですが、大人になれば子供の頃に、
歯の矯正治療を受けさせてくれた親に感謝する日がくるはずです。