矯正治療中に引っ越しが決まったらどうするの?

矯正治療中に引っ越しが決まったらどうするの?

現在矯正治療中の方が引っ越しなどで通院できなくなる事は、
長期にわたる矯正治療ではよくある事のようです。
しかし、しっかりと現在の歯科医院から
引っ越し先の歯科医院に引き継ぎをおこなってもらわなければいけません。
また現在通院中の医療機関で、
治療費の清算を主治医と話し合う必要もあります。
医療機関によっては支払った費用が返金される場合もありますので、
治療開始当初の医療機関の書類をしっかりと確認しましょう。

 

矯正治療中で引っ越しが決まった方は、
まず現在通院中の医療機関に通院不能になる事や引っ越し先の住所を伝えましょう。
そして、引っ越し先で今後ご自身の治療を引き継いでもらう矯正歯科医を現在の主治医に探してもらいます。
引継矯正歯科医が見つかった場合は、
通院中の医療機関にあるご自身の資料が引継矯正歯科医に渡るように手配してもらいましょう。
ご自身の矯正歯科に関する資料は、
引き継ぎをしてもらう矯正歯科医にとっても非常に重要な情報となります。
しかし、引っ越しされる地域によっては、適当な矯正歯科医院が近くにない可能性もありますので、
遠隔地の医療機関に通院する必要が出てくる可能性もあります。

 

矯正歯科治療はあごの関係を改善したり歯を無理のない程度に少しずつ動かす為に、
予想以上に治療が長引いたり早く終わる事もあります。
特に成人の矯正治療では堅い骨の中の歯を慎重に移動させる為、
思いのほか治療が長引く事もあります。
その為、最初の診断で示された治療期間からかなり長くなる場合もありますので、
治療が長引いており不安な場合は医師にその都度確認をおこないましょう。

 

インプラントをはじめとした矯正治療が可能なS&Aデンタルクリニック