ハーフリンガル・コンビネーションについて

ハーフリンガル・コンビネーションについて

歯の矯正治療を行う時に、ネックになるのが見た目です。
表側に矯正器具を装着すると、非常に目立ってしまいます。
そのため最近は、裏側に矯正器具を装着する裏側矯正も人気です。

 

しかしながら裏側矯正をする場合、矯正する威力が表側と比べると落ちてしまうため、治療期間が長くなります。
また裏側に装着する方が難しく、その分費用も割高となります。
つまり、裏側矯正は、見た目的には目立たないけれど、その分お金も時間もかかってしまう治療法なのです。
表側と裏側にそれぞれメリットとデメリットがあるため、どちらを選択するべきか迷う人も多いでしょう。
表側と裏側のそれぞれのメリットを得られる方法として、ハーフリンガル・コンビネーションと呼ばれる矯正方法があります。

 

ハーフリンガル・コンビネーションとは、上は裏側、下は表側に矯正器具を装着する方法です。
一般的に、会話をしている時や笑顔になる時によく見えるのは上の歯です。
そのため視線を集めやすい上は、見えない裏側矯正を行い、元々あまり目がいかない下は表側矯正を行います。
そうすることで、矯正器具自体は目立たなくなり、さらに半分は表側なので費用も全て裏側と比べると抑えることが可能です。

 

また舌への違和感や発音の不具合も軽減されます。
ハーフリンガル・コンビネーションがオススメな人とは、出来るだけ矯正器具が目立たない方がいい人。
そして見た目も気になるけれど、接客業や営業職など話すことが多い職種の人に向いています。

 

ちなみに、上が裏側で下が表側だと、治療期間にバラつきが出ないの?
そう思う人もいるかもしれませんが、矯正とは歯全体のバランス、噛み合わせも調節を行うことが必要なので、下だけ先に完了するということはありません。

 

こちらの蕨・さくら歯科がインプラント治療を得意としています。