ラミネートベニアのメリットとデメリット

ラミネートベニアのメリットとデメリット

歯並びをキレイにしたい、歯を白くしたいという場合、矯正治療を行ったり、ホワイトニングを行うのが一般的です。
しかし、歯並びをキレイにして歯を白くしたいという場合、かなりのお金と時間がかかってしまいます。
別々に行うよりも、その両方が一度に解決する治療法があります。
その治療法とは、ラミネートベニアと呼ばれる方法です。
ラミネートベニアって何?と知らない人も多いでしょう。

 

ラミネートベニアとは、歯の表面を少し削り、削った部分に薄いシェルを接着剤で付ける治療法です。
この治療法は、実際に歯並びがよくなったわけでも、歯が白くなったわけでもありません。
ですが、歯の表面を削り、その部分に薄いシェルと呼ばれる人工歯を付けることで、歯並びがキレイに見えて、歯が白く見えるというわけです。つまり見せかけですが、短期間で費用をかけずに見た目の印象をよくすることが出来る方法として人気があります。

 

ラミネートベニアの治療法は、メリットもありますがデメリットもあります。
デメリットは、歯を削ることで歯の強度が弱くなることと、噛み合わせが治せるわけではないということ。
そして歯ぎしりをする人は、強い力がかかるとラミネートベニア自体は薄いので、割れたり欠けたりしてしまい、耐久性があまりないと言えるでしょう。

 

矯正治療+ホワイトニングの費用の合計金額と比べると、圧倒的に費用が安くなるとは言え、それでも1本当たり10〜15万円程度の費用がかかります。そのため耐久性がなく、何度も張り替える費用を考えると、長期的に見るとお金がかかってしまうことになるかもしれません。

 

本厚木歯科クリニック