ブラケットの種類

ブラケットの種類

矯正歯科で歯列矯正を受けた際、ブラケットという矯正器具を装着することがあります。
ブラケットというと、歯の表側を覆うように巻き付けられたチェーンのようなものを想像する人も多いことでしょう。
しかし、最近ではブラケットの種類も増えており、患者の側で選択出来ることも少なくないのです。
今回は、歯列矯正の前に知っておきたいブラケットの種類についてご紹介します。

 

 

最も一般的なのが、メタルブラケットです。
歯の表側に金属の器具を装着するこちらは、費用が安く幅広い矯正治療に活用されています。
反面、矯正治療をしていることが他の人からわかりやすいというのがデメリットです。
審美ブラケットという種類のブラケットは、目立ちにくい樹脂やセラミックを用いています。
費用はやや高額ですが、見た目に気を遣いたいという人はこちらをお試しください。
歯の裏側に装着するブラケットをリンガルブラケットといいます。
ブラケットが歯の裏側にあるため、外から見たときに歯列矯正中だと悟られることがほとんどありません。
ただし、慣れるまでは矯正器具が歯に当たってしゃべりにくい、食べるときに違和感を覚えるといった問題が起きることがあります。
ブラケットは通常ワイヤーで固定されていますが、セルフライゲーションブラケットと呼ばれるブラケットは、
特殊な装置を組み込むことで痛みを抑えながら矯正治療に臨むことが出来ます。
セルフライゲーションはワイヤーによる締め付けが少ない分、歯が比較的早く動く矯正です。
ご紹介したような矯正治療の中から、ご自身にピッタリな器具を選択しましょう。