矯正歯科での治療を検討しよう

矯正歯科医院で治す事ができる症状

出っ歯や受け口で悩まれている方は、矯正する事で悩みから解放されます。
また、八重歯や開咬なども矯正する事ができます。
これらの症状を歯科医院などでは、不正咬合と言います。
不正咬合とは、歯の大きさが不揃いだったり、上下の歯並びがきちんと噛み合わない状態を指します。

 

出っ歯は、上の前歯が部分的や全体的に前方に突出しています。
また下のあごが小さく後ろにある為に、出っ歯に見える事もあります。
受け口は、下側の歯が上側の歯よりも前に出ている症状です。
上下の前歯の生えている方向に問題がある場合と、上下のあごの大きさが原因となっている場合があります。
あごの大きさに問題がある場合はあごの骨の成長によって噛み合わせや歯並びが変化していきますので、
成長が止まるまで治療が長期におよぶ場合も多いです。
八重歯は上側の糸切り歯が歯並びから飛び出している症状で、
でこぼこになっている歯並びを乱ぐいと言います。
八重歯や乱ぐいは、骨の大きさとそれぞれの歯の大きさとのバランスが崩れておこります。
特に前歯が噛み合わない状態を開咬と言います。

 

これらの不正咬合を治療する際には、基本的に歯を削って差し歯にする事はありません。
一般的には、歯を動かす装置を装着する前に精密な検査をおこない、
矯正装置を使用して歯やあごの骨に一定の力をかけてゆっくりと歯を動かしていきます。
そうする事で、歯並びと噛み合わせを治していく事ができます。
また、症状によってはあごの骨を削るなどの外科的な手術をともなう場合もあります。

 

矯正歯科医院を選ぶ場合は、
院内の検査機器や医師・スタッフの雰囲気、治療後の保証内容などを確認する必要があります。
料金や立地も大事ですが、安易に選ばないように注意しましょう。
豊洲駅近くの矯正歯科ならこちらが有名です。

自分が矯正治療を受けた方がよいかチェックしよう

矯正と言う言葉を聞かれた事がある方は多いでしょう。
しかし、実際矯正歯科で矯正治療を受けられている方はまだまだ少ないです。
矯正治療とは、悪い歯並びや噛み合わせを整える治療です。
歯の大きさが不揃いだったり、上下の歯並びがきちんと噛み合わない状態を不正咬合と言います。

 

不正咬合には、出っ歯や受け口、八重歯、開咬、手術が必要な顎変形症などがあります。
不正咬合を治療する際には、基本的に歯を削って差し歯にする事はありません。
一般的には、矯正装置を使用して歯やあごの骨に一定の力をかけてゆっくりと動かし歯並びと噛み合わせを治していきます。

 

不正咬合であるかどうかをチェックするには、
顔や歯並びが左右対称かどうかや横顔で唇がひどく出ていたり、引っ込んでいないかを確認します。
また、上の歯がすべて下の歯を覆っているかも確認しましょう。
さらに、上下の前歯の中心が一致しているかどうかや歯が重なっていたり
歯の間に隙間はないかどうかを確認します。
また、ひどく磨り減っている歯はないかどうかや
上の前歯や下の前歯が前方に出ていないかどうか、
口臭が気にならないかどうかも確認しましょう。

 

不正咬合をそのままにしておくと、食べ物がよく噛めなくなったり、ことばが明瞭でなくなったり、
むし歯になりやすかったりします。また、歯槽膿漏になりやすいので口臭の原因にもなります。
さらに、通常の生活をおこなっているだけであごの関節に負担をかけるので、
歯を折りやすかったりケガもしやすくなります。

 

不正咬合のチェックで該当される部分があった方は、矯正治療を検討してみましょう。
 

更新履歴